初めての方へお買い物ガイド
カートを見る




モバイルサイト

(スマートフォン・携帯からアクセスできます)
ヤマト運輸
佐川急便
西濃運輸
 

エアコン工事、その他取り付けなどのご相談は【新洗組】まで
愛犬ベルちゃんと店長けいちの日記

buburogo

 

カカクコムショップ評価キャンペーン
SWJ延長保証
HOME»  店長日記»  ベルさんが肥満細胞腫に(ToT)/~~~

ベルさんが肥満細胞腫に(ToT)/~~~

ベルさんが肥満細胞腫に(ToT)/~~~

2015年7月28日(火)
ベルさん、肥満細胞腫の手術をしました(ToT)/~~~


手術前の写真です。
イボのようなのが3箇所あります。

ベルさんが肥満細胞腫に(ToT)/~~~



手術後の写真です。

ベルさんが肥満細胞腫に(ToT)/~~~


今回は職場の近所にできた、なにわ動物クリニックさんで手術をお願い致しました。
先日新設されたばかりで7月17日の内覧会にも参加させて頂きありがとうございました。

これから2週間後に抜糸予定です。
現状は病理検査の結果が良い結果でありますように願うばかりです。


なにわ動物クリニックさん
http://naniwaanimal.com/index.html

なにわ動物クリニックさんのブログ
http://naniwaac.exblog.jp/




肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)

【症状】腫瘍は主に皮膚に見られるが形態、症状はさまざま

肥 満細胞腫は犬では主に皮膚に見られ、高分化したもの(比較的に悪性度が低いがんのこと)は、直径1〜4cmの弾力のある腫瘍で、多くは表面に毛がありませ ん。未分化のもの(悪性度が高く、進行の早いがんのこと)は、大きめで表面に潰瘍ができていたり、自傷したりして、出血が見られることがあります。また、 周囲が赤く腫れて、ぶよぶよしていたり、ひどい皮膚炎を起こしているように見えることもあります。
また、皮膚の下(皮下)にできた肥満細胞腫は、脂肪腫などと間違われることがあります。このように肥満細胞腫は様々な外見を持つため、見た目からは腫瘍の種類や悪性度を判断することは困難です。
また、がんが転移したり、全身に広がったりすると、消化管での炎症や出血が起こり、血のまじった嘔吐や下痢がみられたり、食欲不振を生じることがあります。ときに全身性のショック症状を引き起こし、死に至ることもあります。

【原因】原因不明。犬種による要因や慢性的な炎症も関与か

肥満細胞腫の原因ははっきりとはわかっていません。ただし、平均発症年齢は9歳とされていますが、若齢犬でも発症することから、犬種による素因も考えられています。また、発症の要因としては、慢性的な炎症の関与も示唆されています。

【治療】外科手術による腫瘍の切除や化学療法など

肥満細胞腫の治療は、腫瘍のタイプによって異なります。「高分化型」といって腫瘍細胞の形態や機能が比較的正常な細胞に近い腫瘍では、腫瘍の境界がはっきり しているため、腫瘍を切除する外科的手術を行います。未分化型のものや全身に肥満細胞が転移したもの、切除や放射線治療などが不可能なものの場合では、化 学療法がとられることがあります。

【予防】予防は困難なので早期発見・早期治療がなにより重要

肥満細胞腫の予防は困難です。腫瘍がまだ小さく転移していない段階で早期発見し、早期治療に努めることが重要になります。


参考サイト
http://www.kitasenri-ah.jp/syourei/cn35/pg83.html  など


 

2015-07-28 20:00:00